会社情報

HOME > 会社情報 > 会社沿革

会社沿革

株式会社セキュリティシステム 東海原子力サービス株式会社
平成3年5月 原子力エンジニアリング(株)から警備部門及び核物質防護部門が独立して発足 昭和53年12月 ガソリン、重油等の給油関係、原子力普及資料及び放射線照射用品の販売を主目的に設立
平成7年4月 技術管理部を設置
研究施設等の運転管理業務を開始
昭和61年4月 事業部を設置
車両運行業務を開始
機器及び物品の販売を開始
平成8年10月 安全部を設置
保障措置及び核物質の計量管理業務を開始
平成元年4月 管理区域内での研究補助業務及び管理部門における支援業務を開始
平成10年10月 核物質等の輸送グループを設置
(平成20年9月廃止)
平成4年 2月、貨物自動車運送事業を開始
9月、貨物軽自動車運送事業を開始
    平成13年6月 原子力施設等のPA活動の一環として見学者案内業務を開始
株式会社原子力セキュリティサービス
平成19年4月 経営の合理化、経営基盤の確立及び効率的な事業運営の推進を目的に、(株)セキュリティシステムと東海原子力サービス(株)が合併し両者のすべての事業を継承して、原子力関連事業を総合的に行う会社として発足